iPhone

iPhoneの『ホームボタン』が壊れたときの対処法と予防策

投稿日:

iphoneホームボタン

iPhoneを使っていると、一番ぽちぽち使ってしまう『ホームボタン』。周りでも「ホームボタンの効きがわるい〜」「こわれてもうたー」なんて人も、チラホラいたりするんじゃないでしょうか。

AppleCare保証があるうちにAppleStoreに持ち込めば、無償交換をしてくれる可能性もあるみたいですが、期限切れてたら修理代がイタイ。

今回はその『ホームボタン』が壊れたときの対処法、壊さないための予防策としても有効な「アクセシビリティ」の機能と設定方法について説明します。

スポンサーリンク

アクセシビリティONの設定方法

まず、アクセシビリティONにするためには

設定」→「一般」→「アクセシビリティ

と、順に押していき

▲この「AssitiveTouch」をクリック

▲すると、この画面で「AssitiveTouch」のON(緑色)に設定できます。

assitivetouch

画面上にこのような半透明のボタンがでれば設定完了です。簡単ですね。

「AssitiveTouch」の機能

assitivetouch2

半透明のボタンを押すと、画面上に色んな用途に使えるタッチボタンが展開します。

この「ホーム」という場所をタッチすると、実際に『ホームボタン』を押したときの動作をするので、普段押しまくる箇所の負荷軽減ができるわけです。

メニューはカスタマイズ可能

▲先ほどの設定画面でここを押すと

▲自分に適した動作をいろいろ設定できますので、好みに合わせてカスタマイズするとより便利になるでしょう。

私は「画面のロック」「スクリーンショット」「マルチタスク」「ホーム」を最上部に設定し、よく多用しています。「スクリーンショット」はボタン同時押しせずに撮れて便利だし、「画面のロック」も長押しで電源を切る画面にいけたりします。

「マルチタスク」もホームボタンを2度押ししなければならないアクションなので重宝しますね。

ほかには「音量の上げ下げ」など、物理的にボタンが壊れても操作可能なアクションがあり、困ったときの救世主になるのではないでしょうか。

あとがき

私自身、iPhone5を使ってた時に同様の症状になってしまい、それから予防策として必ず「アクシティビティ」設定を活用しています。それからは、ホームボタンが壊れたことはありませんので、ついつい強めに押しちゃう方は設定ONにしとくと長持ちすること間違いなしです。

もし周りに『ホームボタン』が調子わるい友人や知人がいれば、ぜひ教えてあげてください。参考になれば幸いです。

関連ユニット

あわせて読みたい

-iPhone

Copyright© まつろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.